コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下足袋 じかたび

8件 の用語解説(地下足袋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地下足袋
じかたび

主として戸外の労働作業に用いられる底が総ゴムの足袋。日本在来の足袋から考案されたもので,明治中期にすでに木綿の足袋にゴム底を縫いつけたものが特許になっているが,1922年に石橋徳次郎,正二郎の兄弟がアメリカ製のズック靴ヒントを得てゴム底を糊づけにする大量生産方式に成功,以後草履やわらじに代って広く一般に普及した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じか‐たび〔ヂカ‐〕【地下足袋】

《じかに土を踏む足袋の意。「地下」は当て字》ゴム底の労働用の足袋。

ちか‐たび【地下足袋】

「じかたび」のこと。「地下足袋」と当てたところからできた語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地下足袋【じかたび】

足袋をもとに考案された労働用の履物(はきもの)。じかに履物として使える足袋の意から名づけられた。現用のものは1922年石橋徳次郎,正二郎(のちブリヂストンタイヤ会社を創立,国産タイヤの先駆者)兄弟により考案され,関東大震災後の復興作業用として広まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じかたび【地下足袋】

厚い布の甲にゴム底をはりつけた,地上でじかにはく足袋。〈じきたび〉ともいう。関東でちかたびと呼ばれたため地下足袋の字があてられた。1922年(大正11)に,足袋製造業者(ブリヂストンの前身)であった石橋徳次郎・正二郎兄弟により発明され,翌年1月〈アサヒ地下足袋〉として発売された。足袋にゴム底を縫いつけた履物はすでに阪神地方などで用いられていたが,地下足袋はゴム底をはり付けにし,すべり止めの溝を入れたりしてまったく新しい耐久性のある履物として売り出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じかたび【地下足袋】

〔直じかに地面を歩く足袋の意。「地下」は当て字〕
ゴム底のついた労働用の足袋。ちかたび。はだしたび。ゴムたび。

ちかたび【地下足袋】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地下足袋
じかたび

甲布は紺木綿、盲縞(めくらじま)で、底に加硫ゴムをつけた足袋。地面にじかに履くので直足袋(じかたび)、跣足袋(はだしたび)ともいう。農村、鉱山、土建など労働作業用の履き物である。縫い付け地下足袋は甲と底を縫い付けたもの。こはぜの枚数は5、7、10、12枚などがあり、脚絆(きゃはん)がわりにもなって、足首をよく締めることができる。底ゴムは、高所や危険な足場作業に向くように柔軟性をもたせ、足裏の感触をよくし、滑り止めを配慮してある。張り付け地下足袋は、縫い付け部分を張り付け式にしたもので、こはぜの多い軽装地下足袋と、三枚こはぜを標準とする普通地下足袋がある。古来から戸外で労働に従事するときは、はだしか草鞋(わらじ)履きであり、非衛生、危険であるうえに、1日に1足履きつぶす草鞋は不経済でもあった。明和(めいわ)(1764~72)ごろには、忍(おし)(埼玉県行田(ぎょうだ)市)の刺し足袋は名産とされた。これは足袋底を太糸で刺して補強したもので、鷹匠(たかしょう)足袋ともいわれ、鳥刺し(江戸幕府の鷹の餌(え)を納める者)、旅装用として用いられた。明治の初めごろから、雲斎(うんさい)底(雲斎織を使用)、石底(石底織)なども用いられるようになったが、多くは、綿布を糊(のり)張りして太糸で刺したものを足袋底にしていた。明治30年代にゴム底をつけた足袋が試作され、1917年(大正6)にはタイヤ裏を縫い付けたものが製造販売された。23年には新案のゴム底を張り付けた地下足袋が、石橋正二郎によって売り出され、爆発的人気をよんだ。国内ばかりでなく、中国など大陸方面にも輸出され、第二次世界大戦中は農業用、鉱山用として生産はピークに達した。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地下足袋の言及

【地下足袋】より

…〈じきたび〉ともいう。関東でちかたびと呼ばれたため地下足袋の字があてられた。1922年(大正11)に,足袋製造業者(ブリヂストンの前身)であった石橋徳次郎・正二郎兄弟により発明され,翌年1月〈アサヒ地下足袋〉として発売された。…

※「地下足袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地下足袋の関連キーワード金貝貼りゴム底ゴム足袋財布の底をはたく地上デジタルチューナー地上デジタルテレビジョン放送地上デジタル放送チューナーバスキン貼紙貼付け

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地下足袋の関連情報