コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石霞渓 せっかけい

3件 の用語解説(石霞渓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石霞渓
せっかけい

鳥取県南西部,日南町にある峡谷。石見 (いわみ) 川が日野川に合流する付近にあり,花崗岩から成る山地を両河川が浸食してできた峡谷で,奇岩,怪石,断崖絶壁が 2kmにわたって続く。両岸にはダイセンミツバツツジ,キシツツジ,ヤマツツジが美観を添える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕石霞渓(せっかけい)


鳥取県南西部、日野(ひの)川に支流の石見(いわみ)川が合流する付近の渓谷。長さ約2km。両岸に花崗(かこう)岩の奇岩・巨岩が連なり、滝・深淵(しんえん)がみられる。断崖(だんがい)にマツ・ヤマツツジなどが自生し、清流と調和する。渡り鳥ブッポウソウ飛来地として知られる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石霞渓
せっかけい

鳥取県南西部、日野郡日南(にちなん)町の景勝地。日野川の谷頭(こくとう)侵食部にできた峡谷で、上流には谷の浅い高原が開ける。約2キロメートルの渓谷には天狗(てんぐ)岩、獅子(しし)岩、蓬莱(ほうらい)岩など花崗(かこう)岩の奇岩や巨岩が渓谷に迫り、崖下(がいか)には水神(すいじん)滝などもかかる。早春はダイセンミツバツツジ、新緑のころはキシツツジ、ヤマツツジの花、秋は紅葉が美しい。5月渡来し卵を産んで8月南に帰るブッポウソウが有名。JR伯備(はくび)線生山(しょうやま)駅から徒歩15分。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石霞渓の関連情報