石館守三(読み)いしだてもりぞう

日本大百科全書(ニッポニカ)「石館守三」の解説

石館守三
いしだてもりぞう
(1901―1996)

薬学者。青森市の薬業家に生まれる。東京帝国大学卒業。朝比奈泰彦(あさひなやすひこ)に師事。樟脳(しょうのう)の生化学的研究により薬学博士。ハイデルベルク大学のR・クーンに生化学を学び、またウィーンのフィグルFriedrich Feigl(1891―1971)、チェコのヘイロウスキーのもとで有機微量分析を研修した。1941年(昭和16)東京帝国大学教授。薬品分析化学講座を創設。1944年「樟脳の体内変化と強心作用の本態の研究」により帝国学士院賞を受けた。研究歴は、癌(がん)の化学療法としてナイトロジェンマスタード‐N‐オキサイドの創製、グルクロン酸の製造とその臨床応用などである。1961年東京大学名誉教授。国立衛生試験所(現、国立医薬品食品衛生研究所)所長、中央薬事審議会長、日本薬学会頭、日本薬剤師会長、分析化学会長、癌学会長を歴任。パリ大学名誉博士。日本、アメリカ、イギリス、フランス各薬学会名誉会員。著書に『微量定性分析』『生活環境と発がん』などがある。

[根本曽代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「石館守三」の解説

石館守三 いしだて-もりぞう

1901-1996 昭和時代の薬学者。
明治34年1月24日生まれ。昭和17年東京帝大教授となり,33年初代薬学部長。40年国立衛生試験所長。樟脳(しょうのう)の強心作用の本態に関する共同研究で,18年学士院賞。中央薬事審議会,日本薬剤師会の会長をつとめた。平成8年7月18日死去。95歳。青森県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石館守三の言及

【制癌薬】より

…アルキル化剤は合成制癌薬としては最も早くから科学的,系統的に研究されたもので,1940~50年代にかけて開発されている。日本でも50年代に石館守三,吉田富三らの協力でナイトロジェンマスタード‐N‐オキシド(商品名ナイトロミン。以下かっこ内は商品名を指す)が生まれた。…

※「石館守三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android