コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黒政常(初代) いしぐろ まさつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石黒政常(初代) いしぐろ-まさつね

1760-1828 江戸時代中期-後期の装剣金工。
宝暦10年生まれ。加藤直常に入門,その師柳川直政に横谷派の金工術をまなぶ。おおくの色金をもちい写実的かつ精巧に花鳥をほる石黒派の始祖となった。文政11年7月14日死去。69歳。初名は是常。通称は善蔵,周助。号は東岳子,寿谷斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石黒政常(初代)の関連キーワードハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド宇田川榕菴山県周南ミッチェルアシュトン(Thomas Southcliffe Ashton)ジョージ(3世)鈴木春信前古典派音楽

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android