コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黒政常(初代) いしぐろ まさつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石黒政常(初代) いしぐろ-まさつね

1760-1828 江戸時代中期-後期の装剣金工。
宝暦10年生まれ。加藤直常に入門,その師柳川直政に横谷派の金工術をまなぶ。おおくの色金をもちい写実的かつ精巧に花鳥をほる石黒派の始祖となった。文政11年7月14日死去。69歳。初名は是常。通称は善蔵,周助。号は東岳子,寿谷斎など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石黒政常(初代)の関連キーワードハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド宇田川榕菴山県周南ミッチェルアシュトン(Thomas Southcliffe Ashton)ジョージ(3世)鈴木春信前古典派音楽

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android