砂上の楼閣(読み)さじょうのろうかく

故事成語を知る辞典の解説

砂上の楼閣

崩れやすいの上に建てた高い建物。外見は立派だが、長く維持できないもののたとえ。また、実現不可能なことのたとえ。

[使用例] おことが上手に口舌で彼等を服させた功はおろそかに思わんが、中国経営の大業が、砂上の楼閣であってはならぬ[吉川英治*黒田如水|1943]

[由来] 「新約聖書―マタイ伝・七」から。イエスが、自分の教えに耳を傾けない人々のことを「砂の上に自分の家を建てた愚かな人」にたとえ、「雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまう」と、そのもろさを述べています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

砂上の楼閣

崩れやすい砂の上に建てた高い建物。外見はりっぱだが長く維持できないもののたとえ。また、実現不可能なことのたとえ。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さじょう【砂上】 の 楼閣(ろうかく)

(砂上に建てた楼閣の意) 一見立派だが基礎がもろくて長く維持できないこと、また、実現不可能なことをたとえていう語。
※閑談の閑談(1933)〈吉野作造〉三「之が無ければ下院は真に民衆意嚮の発現とならず、尓余の改革は畢竟沙上の楼閣に過ぎぬことになる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

砂上(さじょう)の楼閣(ろうかく)

見かけはりっぱであるが、基礎がしっかりしていないために長く維持できない物事のたとえ。また、実現不可能なことのたとえ。
[補説]「机上の空論」との混同で、「机上楼閣」とするのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android