机上の空論(読み)きじょうのくうろん

ことわざを知る辞典「机上の空論」の解説

机上の空論

机の上で考えただけの、実際には役に立たない意見。実地に適用できないむだな議論。

[使用例] これほど机上の空論はなく、天国の詩である[川端康成*雪国|1935~47]

[類句] 畳の上の水練

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「机上の空論」の解説

きじょう【机上】 の 空論(くうろん)

机の上の考えだけで、実際には合わない意見。実際には役に立たない考え。空理空論
※落梅集(1901)〈島崎藤村〉七曜のすさび・火曜日の新茶「その畢竟世間を知らざる机上の空論」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「机上の空論」の解説

きじょう‐の‐くうろん〔キジヤウ‐〕【机上の空論】

頭の中だけで考え出した、実際には役に立たない理論や考え。
[補説]「砂上の楼閣」との混同で、「砂上の空論」とするのは誤り。
[類語]砂上の楼閣座上の空論絵に描いた餅素引きの精兵せいびょう観念的観念論空想的非現実的非論理的空理空論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android