机上の空論(読み)きじょうのくうろん

ことわざを知る辞典「机上の空論」の解説

机上の空論

机の上で考えただけの、実際には役に立たない意見。実地に適用できないむだな議論。

[使用例] これほど机上の空論はなく、天国の詩である[川端康成*雪国|1935~47]

[類句] 畳の上の水練

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「机上の空論」の解説

きじょう‐の‐くうろん〔キジヤウ‐〕【机上の空論】

頭の中だけで考え出した、実際には役に立たない理論や考え。
[補説]「砂上の楼閣」との混同で、「砂上の空論」とするのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「机上の空論」の解説

きじょう【机上】 の 空論(くうろん)

机の上の考えだけで、実際には合わない意見。実際には役に立たない考え。空理空論
※落梅集(1901)〈島崎藤村〉七曜のすさび・火曜日の新茶「その畢竟世間を知らざる机上の空論」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android