砂糖椰子(読み)サトウヤシ

大辞林 第三版の解説

さとうやし【砂糖椰子】

ヤシ科の高木。インドおよび東南アジア原産。高さ20メートルに達する。若い花序の軸を切って汁液を採り、砂糖をつくり、また発酵させて酒にする。茎のデンプンを食用とし、葉の繊維で縄などを作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

砂糖椰子 (サトウヤシ)

学名:Arenga pinnata
植物。ヤシ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さとう‐やし サタウ‥【砂糖椰子】

〘名〙 ヤシ科の常緑高木。マレーシア原産で、東南アジアの熱帯で栽培される。幹は黒い毛におおわれ高さ一五メートルに達する。葉は羽状複葉で長さ約七メートル。小葉は長さ約六〇センチメートル、幅約三センチメートルの線形、先は不規則に切れ込み裏面は銀灰色を帯びる。花穂は肉質で長さ一メートルぐらいになり、糖分を含むのでつぼみのとき中軸を切って粗糖を製造する。幹から澱粉をとり、葉柄の繊維で縄を作る。シュガーパーム。
※旅‐昭和一八年(1943)終刊号・椰子の用途はかくも広い〈上原敬二〉「砂糖椰子(サタウヤシ)は馬来、比島、台湾、琉球に植栽されてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android