コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化窒素 りゅうかちっそnitrogen sulfide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化窒素
りゅうかちっそ
nitrogen sulfide

硫黄と窒素との化合物の総称。化合物名としては窒化硫黄としたほうが正しいとの説もある。 (1) 四硫化四窒素  N4S4 。常温では橙黄色の結晶であるが,-30℃で黄色,100℃以上で橙色を呈する。単斜晶系。 160℃で昇華。比重 2.22。不安定で加熱,衝撃により爆発する。水に不溶。 (2) 二硫化二窒素  N2S2 。無色の美しい結晶。常温でも昇華し,不安定で加熱,衝撃により爆発する。 (3) 四硫化二窒素  N2S4 。暗赤色の液体または灰色の固体で,融点 23℃,比重 1.71。悪臭がある。不安定で0℃においても分解を始める。水に不溶。 (4) 硫化窒素重合体  (SN)n固体で金属光沢がある。単斜晶系。薄層の透過光は深青色である。化学的には安定で,水に不溶である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかちっそ【硫化窒素 nitrogen sulfide】

硫黄と窒素との化合物の総称。窒化硫黄とも呼ばれる。
[四硫化四窒素]
 化学式N4S4。N原子とS原子が組み合わさって図に示すように一つのかごをかたちづくっている。塩素を飽和した四塩化炭素中で二塩化二硫黄S2Cl2にアンモニアを通じて生じた沈殿からジオキサンで抽出すると得られる。 6S2Cl2+16NH3  ―→N4S4+8S+12NH4Clまた塩化アンモニウムと二塩化硫黄と反応させても生じる。室温で橙黄色固体。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

硫化窒素の関連キーワードマクダイアミッド硫化窒素重合体二硫化二窒素アンモニアジオキサンヒーガー硫化物暗赤色比重常温