コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気コア じきコアmagnetic core

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気コア
じきコア
magnetic core

磁心ともいう。フェライト磁性体のリング状のものに線を通し,ここに大電流を流すことによってこのリング状のコアを磁化して情報を記憶させる。磁化の方向がリングに対して右回り左回りかによって1と0 (1ビット) の区別をする。種々のコアメモリの構成の仕方がある。磁気コア記憶装置は,一般に記憶されている情報を読取ると記憶されていた情報が破壊されるので,再書込みが必要である。このような記憶の場合を破壊読出しといい,そうでない場合を非破壊読出しという。コンピュータの初期の頃から 1975年頃までは磁気コアが主記憶装置の素子として使われ,サイクル時間 600~800ナノ秒 ( 10-9 秒) までのものが実用的に用いられたが,75年以降は半導体記憶装置 (ICメモリ) に完全にその地位を取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

磁気コア【じきコア】

磁心とも。コアマトリクスの記憶素子で,ふつう直径2〜3mmのフェライト環。フェライトの磁化の角形ヒステリシス特性(磁気ヒステリシス)を利用する。環の中に針金を通して電流を流し,それによって生じる磁場の強さが一定値を越えると環は磁場の方向に磁化され(電流は数百万分の1秒のパルスでよい),逆向きのパルスを流すと環は100万分の数秒の速さで磁化の向きを反転させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

磁気コアの関連キーワードインテル(半導体メーカー)コア(コンピュータ用語)第5世代コンピューターデジタルコンピュータ第2世代コンピュータパラメトロン磁心記憶二値素子磁心

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android