磁気探傷(読み)じきたんしょう

百科事典マイペディアの解説

磁気探傷【じきたんしょう】

非破壊検査法の一つ。鋼材など磁性体を磁化したとき,欠陥があると磁束のもれが生じることを利用したもの。広く用いられる磁粉探傷では,被検材料表面に酸化鉄粉末などの磁性体粉末を付着させ,磁束のもれでできる模様からきずの所在を知る。磁化のための電流は直流,交流とも用いられるが,後者では表皮効果のため表面の欠陥しか検出できない。また材料面をコイルで走査する方法も広く利用(走りながらレールを検査するレール探傷車など)されている。ほかに,半導体検出素子によって磁束のもれを電気信号として検出する方法もある。
→関連項目浸透探傷

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきたんしょう【磁気探傷】

非破壊検査法の一つで,鋼など強磁性体の構造物や機械部品の表面あるいは表面近くにある欠陥を発見する方法。試験体を相当高い磁束密度まで磁化したとき,表面あるいは表面近くに欠陥があると,磁束が試験体の外に漏れ出るという現象を利用するものである。まず,試験体を磁化しなければならないが,その方法としては試験体に直接電気を流して電流の磁化作用を応用したり,コイルの中に試験体をおきコイルに電流を流して磁化したりする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android