コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気探傷 じきたんしょう

2件 の用語解説(磁気探傷の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

磁気探傷【じきたんしょう】

非破壊検査法の一つ。鋼材など磁性体を磁化したとき,欠陥があると磁束のもれが生じることを利用したもの。広く用いられる磁粉探傷では,被検材料表面に酸化鉄粉末などの磁性体粉末を付着させ,磁束のもれでできる模様からきずの所在を知る。
→関連項目浸透探傷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じきたんしょう【磁気探傷】

非破壊検査法の一つで,鋼など強磁性体の構造物や機械部品の表面あるいは表面近くにある欠陥を発見する方法。試験体を相当高い磁束密度まで磁化したとき,表面あるいは表面近くに欠陥があると,磁束が試験体の外に漏れ出るという現象を利用するものである。まず,試験体を磁化しなければならないが,その方法としては試験体に直接電気を流して電流の磁化作用を応用したり,コイルの中に試験体をおきコイルに電流を流して磁化したりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁気探傷の関連キーワード磁性体強磁性体磁化非破壊検査非磁性体非破壊試験超音波検査法キュリー‐ワイスの法則ズール‐中村相互作用ビッターの図形

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁気探傷の関連情報