コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気探傷 じきたんしょう

2件 の用語解説(磁気探傷の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

磁気探傷【じきたんしょう】

非破壊検査法の一つ。鋼材など磁性体を磁化したとき,欠陥があると磁束のもれが生じることを利用したもの。広く用いられる磁粉探傷では,被検材料表面に酸化鉄粉末などの磁性体粉末を付着させ,磁束のもれでできる模様からきずの所在を知る。
→関連項目浸透探傷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきたんしょう【磁気探傷】

非破壊検査法の一つで,鋼など強磁性体の構造物や機械部品の表面あるいは表面近くにある欠陥を発見する方法。試験体を相当高い磁束密度まで磁化したとき,表面あるいは表面近くに欠陥があると,磁束が試験体の外に漏れ出るという現象を利用するものである。まず,試験体を磁化しなければならないが,その方法としては試験体に直接電気を流して電流の磁化作用を応用したり,コイルの中に試験体をおきコイルに電流を流して磁化したりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁気探傷の関連情報