コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐梯熱海温泉 ばんだいあたみおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磐梯熱海温泉
ばんだいあたみおんせん

福島県中部,阿武隈川の支流五百川にのぞむ温泉。五百川沿いの駅前温泉郷と上流 1kmの高玉温泉の総称で,郡山市に属する。「熱海」の名は伊東氏 (伊豆国) が功績によってこの地を所領したおり,伊豆の熱海からとったといわれる。泉質単純泉硫黄泉泉温は 50~54℃。湯量は豊富で旅館の施設も整っており,東北地方南部の有数の温泉観光地を形成する。猪苗代湖に近く,母成グリーンラインの入口にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばんだいあたみおんせん【磐梯熱海温泉】

福島県郡山市、阿武隈川支流の五百川沿いにある硫化水素泉・単純泉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕磐梯熱海温泉(ばんだいあたみおんせん)


福島県郡山(こおりやま)市の北西部にある行楽・保養向きの温泉。阿武隈(あぶくま)川支流の五百(ごひゃく)川河畔にわく。旧岩代(いわしろ)熱海温泉と1km上流の高玉(たかたま)温泉とを合わせた総称。東北自動車道・国道49号・母成(ぼなり)グリーンラインが通じ、磐梯(ばんだい)高原・吾妻(あづま)山・猪苗代(いなわしろ)湖観光の拠点。郡山市の奥座敷的性格も強い。ナトリウム-硫酸塩塩化物泉、単純硫黄泉(硫化水素型)。泉温54.2℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磐梯熱海温泉
ばんだいあたみおんせん

福島県中央部、郡山(こおりやま)市にある温泉。泉質は硫黄泉および単純温泉。第二次世界大戦後、源泉が拡大された。阿武隈(あぶくま)川の支流五百(ごひゃく)川沿いに温泉街が整備された。郡山市の奥座敷と称され、磐梯・吾妻(あづま)観光の基地の一つとなっている。保養所、レジャー施設も多い。JR磐越西線磐梯熱海駅下車。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

磐梯熱海温泉の関連キーワード福島県郡山市熱海町熱海東北自動車道福島県郡山市高森熱海道路ANNA高玉鉱山猪苗代阿武隈原田伊東

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磐梯熱海温泉の関連情報