コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯巾着/菟葵 イソギンチャク

1件 の用語解説(磯巾着/菟葵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いそ‐ぎんちゃく【×磯巾着/菟葵】

花虫綱イソギンチャク目の腔腸(こうちょう)動物の総称。浅海の岩石などに付着。体は柔らかく円筒形で、上端中央に口があり、その周囲に触手が並ぶ。触手に刺胞があり、毒液を獲物に注入して捕らえる。不消化物は口から排出。接触や刺激にあうと体を縮め、巾着のひもを締めたようになる。触手をのばした姿から石牡丹(いしぼたん)ともいう。 春》「岩の間の―の花二つ/王城」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone