コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会淘汰 シャカイトウタ

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐とうた〔シヤクワイタウタ〕【社会×淘汰】

社会的条件によって、人間の寿命出生率死亡率が影響される現象

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃかいとうた【社会淘汰】

社会的な諸条件によって、人間の出生率・死亡率・寿命などが左右される現象。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会淘汰
しゃかいとうた
social selection

自然淘汰に対応する概念であり、人間の寿命、出生率、死亡率が、その社会の制度、規範、職業、収入、生活様式などの社会的諸条件によって影響される過程を意味する。具体的には、保健・衛生や医学上の知識、婚姻を規制する法律、一定の租税や賃金などのように、直接的な淘汰を示す事例と、職業上の疾病のように、結果として淘汰の作用を示す事例、の二つの種類がある。ダーウィン主義の影響を強く受けた考え方であり、生存競争と適者生存の結び付きを社会現象のレベルに応用しようとしたグンプロビッチやラッツェンホーファーによって主張されたが、今日ではあまり大きな理論的影響力をもたない。[田中義久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会淘汰の関連情報