コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社用族 シャヨウゾク

デジタル大辞泉の解説

しゃよう‐ぞく【社用族】

《「斜陽族」の語呂合わせ》社用という名目で飲食・遊興などに社費を乱費する者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃようぞく【社用族】

社用にかこつけ,社費で遊興する者を指す用語。第2次大戦後の経済の低迷期,1950年ころに,疲弊したサラリーマンたちが,自前では一流レストラン,バー等で飲食することができず,その支払いを社用という名目で会社に肩代りさせたことから生じたことば。戦後,没落した上流階級を描いた太宰治の小説《斜陽》に由来して〈斜陽族〉という呼名がはやったが,〈社用族〉は,それとの語呂合せから,経済的に弱体化した会社員を揶揄(やゆ)しつつも半ば羨望(せんぼう)する気持ちを込めて用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃようぞく【社用族】

〔「斜陽族」をもじった語〕
社用と称し、会社の費用で遊興する人々。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

社用族の関連情報