コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神之池 ごうのいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神之池
ごうのいけ

茨城県南東部,神栖市にあった周囲 7kmの円形の旧湖。 1963年掘込式の鹿島港の一部となり,調整池となったほかは埋め立てられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の神之池の言及

【神栖[町]】より

…東を鹿島灘,西を外浪逆浦(そとなさかうら)にはさまれ,鹿島砂丘の北部を占める。町名は三社参りで知られる鹿島神宮の摂社息栖(いきす)神社と神之池(ごうのいけ)の名にちなむ。かつては麦,スイカなどの砂丘農業が行われていたが,昭和30年代に鹿島臨海工業地域の建設が始まると砂丘に掘込み式の鹿島港がつくられ,神之池の大部分が埋め立てられて,全国でも有数の石油化学コンビナートをもつ工業地区に変わり,人口も急増した。…

※「神之池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

神之池の関連キーワード水郷筑波国定公園鹿島臨海工業地域特攻兵器・桜花黒沢 義次郎黒沢義次郎神栖[町]神栖

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android