コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利根川図志 とねがわずし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利根川図志
とねがわずし

江戸時代末期の利根川地誌。6巻。赤松宗旦著。安政5 (1858) 年刊。利根川流域の神社仏閣,旧跡物産風俗について記述し,図を多く載せている。現在でもすぐれた資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

利根川図志【とねがわずし】

江戸時代の地誌。6巻。下総(しもうさ)布川の赤松義知(宗旦)著。1855年の自序がある。挿画は2世葛飾北斎ほか。利根川水源から銚子河口に至る沿岸の名所,産物,旧跡などを記したもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とねがわずし【利根川図志】

現茨城県北相馬郡利根町布川の医師,赤松宗旦の著作。利根川流域,ことに中流で江戸川を分かってから以下銚子に至る間の,常陸と下総にかかわる部分の地誌的記述。絵図を多く収め,地方住民の生活や名勝,伝説,風習,社寺の祭りなどの実態を活写している。1855年(安政2)の自序がついている。【千葉 徳爾】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利根川図志
とねがわずし

江戸後期の地誌。下総国(しもうさのくに)布川(ふかわ)(現、茨城県北相馬郡利根町)の医者赤松宗旦(あかまつそうたん)(義知(よしとも))著。6冊。1855年(安政2)の自序がある。出版は1858年ともいうがはっきりしない。上利根川の下流房川の渡(ぼうせんのわたし)(現、埼玉県久喜市と茨城県古河市の間)以下、赤堀川、権現堂川(ごんげんどうがわ)と分かれる所から起筆、中・下利根川の沿岸および両川に流れ入る手賀沼(てがぬま)、印旛沼(いんばぬま)を含め、その近辺の寺社、名所、旧跡、物産、伝説、動植物の生態、自然現象などを川の流れに沿って河口の銚子まで記述。本文中に80点に及ぶ図版も掲載し、一河川に沿う地域を対象とした地誌としてユニークな存在である。『岩波文庫』『茨城県史料 近世地誌編』に所収。[鈴木暎一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

利根川図志の関連キーワード利根[町]利根(町)神崎[町]阿部 正路江戸時代民俗学隠れ里

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android