コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神島二郎 かみしま じろう

2件 の用語解説(神島二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神島二郎 かみしま-じろう

1918-1998 昭和後期-平成時代の政治学者。
大正7年4月18日生まれ。昭和34年立大教授,59年立正大教授。丸山真男(まさお),柳田国男にまなび,政治学に民俗学の手法を導入して庶民の意識を分析,近代日本の精神構造と政治構造を研究した。戦争責任論の風化を批判。平成10年4月5日死去。79歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「近代日本の精神構造」「常民の政治学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神島二郎
かみしまじろう
(1918―1998)

政治学者。東京都生まれ。1947年(昭和22)東京帝国大学卒業。国会図書館勤務、明治大学助教授を経て59年立教大学教授となる(84年に退官、のち名誉教授となる)。第二次世界大戦フィリピン戦線に従軍した経験をもち、復員後丸山真男(まさお)、柳田国男(やなぎたくにお)に師事。自らの従軍体験を基礎に「天皇制ファシズム」を支えた庶民の意識分析をテーマとし、さらに「天皇制ファシズム」を生んだ近代日本の庶民意識の構造的分析に取り組んだ。代表作の『近代日本の精神構造』(1961)では庶民のもつ「家」意識=「家」信仰こそが近代日本さらには「天皇制ファシズム」を基底から支えるものであると指摘した。神島は師事した丸山政治学と柳田民俗学を「架橋」した「神島学」を創出したといわれる。ほかにも『常民の政治学』(1972)、『磁場の政治学』(1982)など多数の著書を発表した。[伊藤 悟]
『『近代日本の精神構造』(1997・岩波書店) ▽『常民の政治学』(講談社学術文庫) ▽『磁場の政治学』(1982・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神島二郎の関連キーワード堀田善衛神原富尚鈴木通夫鄭詔文辻隆津田秀夫宮脇檀山田信夫(2)山村昌河野道代

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone