コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神津邦太郎 こうづ くにたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神津邦太郎 こうづ-くにたろう

1865-1930 明治-大正時代の酪農家。
慶応元年10月24日生まれ。上海(シヤンハイ)に留学。酪農をこころざし,明治20年群馬県北甘楽郡(きたかんらぐん)南野牧村(下仁田町)に神津牧場を開設。牛乳やバターを生産し,東京などで販売するが,経営に失敗した。牧場は財団法人化され,観光名所となる。昭和5年12月2日死去。66歳。信濃(しなの)(長野県)出身。慶応義塾卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

神津邦太郎

没年:昭和5.12.2(1930)
生年:慶応1.10.24(1865.12.11)
日本有数の民間牧場神津牧場の創設者。信濃国佐久郡志賀村(佐久市)の黒壁と呼ばれる豪農の家に生まれる。慶応義塾で学んだのち,中国上海に留学。酪農の振興を志し,明治20(1887)年群馬県北甘楽郡南野牧村(下仁田町)に神津牧場を開設。同22年には「乳油」(バター)を製造,販売する。その後もよいバター,よい酪農をめざして精力財産を傾けるが,収入がそれに見合わず大正8(1919)年には約500haに拡張した牧場を売却せざるをえなくなる。邦太郎は失意の内に亡くなるが,牧場はその後,田中銀之助,明治製菓を経て財団法人神津牧場として健在で,観光の名所ともなっている。<参考文献>山室静編著『神津邦太郎翁小伝』

(斎藤洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の神津邦太郎の言及

【神津牧場】より

…軽井沢の南約10km,物見山の東斜面に広がる。明治政府の大農経営の政策にそい,神津邦太郎が1887年に開く。その後経営者が転々とし1945年から財団法人となる。…

※「神津邦太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神津邦太郎の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎アメリカ合衆国史(年表)エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android