コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田茂 かんだしげる

3件 の用語解説(神田茂の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

神田茂【かんだしげる】

天文学者。東京の生れ。1920年東京帝国大学理学部天文学科を卒業,同年東京天文台に勤める。1920年(大正9年),弟の清とともにはくちょう座第3新星を発見。死後,遺族の寄付により日本天文学会神田賞が制定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神田茂 かんだ-しげる

1894-1974 大正-昭和時代の天文学者。
明治27年2月21日生まれ。東京天文台技師となり,のち横浜国大教授に就任。彗星(すいせい),小惑星の軌道研究や隕石(いんせき)の調査をおこない,「理科年表」の編集にあたる。日本天文研究会を結成,アマチュア天文家をそだてた。昭和49年7月29日死去。80歳。東京出身。東京帝大卒。編著に「彗星」「日本天文史料綜覧」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神田茂
かんだしげる
(1894―1974)

天文学者。1920年(大正9)東京帝国大学理学部天文学科卒業後、ただちに東京天文台に勤務。以来技官として1943年(昭和18)まで、彗星(すいせい)・小惑星の軌道計算に従事。同時に隕石(いんせき)の国内資料を組織的に調査し、また日本古文書を渉猟して、天文関係の古記録を収集した。代表的な著述として、『彗星』(1924)、『年代対照便覧並陰陽暦対照表』(1932)、『日本天文史料綜覧(そうらん)』(1934)がある。天文台を定年退職後、横浜国立大学教授として天文学教育にあたるかたわら日本天文研究会を結成し、『天文総報』を主宰して、天文愛好家たちの啓発指導に尽くした。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神田茂の言及

【長暦】より

…《三正綜覧》はさらに15ヵ所ほどの修正を史料により補うとともに,さらに中国の回々暦,太陽暦の暦日を併記してあり,明治以後歴史学者に多く利用された。しかし,《三正綜覧》には史料調査の不足,誤植が多く指摘され,1932年にはこれに若干の補正を行った《年代対照便覧》が神田茂によって刊行された。しかし,これは使用法に難があり,あまり活用されなかった。…

※「神田茂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神田茂の関連キーワード井藤半弥上田穣及川奥郎辻隆戸川貞雄中村要古畑正秋松隈健彦宮地政司山本一清

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神田茂の関連情報