福建[省](読み)ふっけん

百科事典マイペディアの解説

福建[省]【ふっけん】

中国大陸南東岸,東シナ海,台湾海峡に臨む省。省都福州。簡称は【びん】。江西省境の武夷山脈や浙江省境の仙霞嶺山脈に発源する甌江・【びん】江・九竜江などの渓谷や海岸部に,わずかに平野があるのみで,全体に山がち,各河谷平野間の交通も不便。浙江・江西省とも峠によって連絡するほかは,厦門(アモイ),福州などを中心とする沿岸航路に頼っている。1956年に南北を貫く鷹厦(ようか)鉄路(鷹潭〜厦門)が完成,また南平〜福州〜南【かん】(なんかん)を結ぶ南福鉄路も建設された。耕地面積は省面積の15%にすぎないが,米の二期作,サツマイモ,小麦,大豆,サトウキビ,茶,果実(ミカン,リュウガン,レイシ)などを産する。水産は豊富で,グチ,タチウオ,タイなどが漁獲され,沿岸では天日製塩(【ほ】田(ほでん),詔安)も行われる。北部の【びん】江炭田,南部の竜岩炭田の無煙炭,安渓・華安の鉄,永泰・寧徳などのモリブデンがある。小規模な手工業が広く行われ,紙・墨・製茶・製米・製糖が主で,近代工業は福州,厦門を中心とする。対岸の台湾との関係が密接で,南洋(東南アジア)華僑(かきょう)の出身地として有名。12万1400km2。3579万人(2014)。
→関連項目ウーロン(烏竜)茶華南台湾

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふっけん【福建[省] Fú jiàn shěng】

中国,南東部の行政区域。その名は福州と建州とを併せたもので唐代から始まり,別名の(びん)は古くこの地方にいた民族の名である。面積12万1400km2,人口3261万(1996)。1地区,8地級市,15県級市,46県を管轄し,省都は福州市。全省を通じて90%までが100~200mの山地と丘陵で,平地は狭小な海岸地帯と山間の盆地にすぎない。海岸線屈曲に富み,島の数は1100余にも上る。耕地が少なく土地がやせ農業が発達しなかったので,人民は古くから活路を海外に求め,広東省とともに東南アジア華僑の二大出身地となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android