コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福羽美静 ふくば びせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福羽美静 ふくば-びせい

1831-1907 幕末-明治時代の武士,国学者。
天保(てんぽう)2年7月17日生まれ。石見(いわみ)(島根県)津和野藩士。大国隆正,平田銕胤(かねたね)にまなび,尊攘(そんじょう)運動にくわわる。文久3年八月十八日の政変で帰藩し,藩政改革につくす。維新後は神祇大輔,元老院議官,貴族院議員。明治40年8月14日死去。77歳。通称は文三郎。号は木園,硯堂。著作に「古事記神代系図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

福羽美静

没年:明治40.8.14(1907)
生年:天保2.7.17(1831.8.24)
幕末明治期の国学者。名は初め美黙。通称は文三郎。号は木園,硯堂など。石見国津和野藩(島根県)代官福羽美質の長男。家を継ぐ。初め藩校養老館で岡熊臣に学び,京都に上って大国隆正に,さらに江戸で平田銕胤について皇国学を修業した。その間帰国して養老館の教師を務めたりしたが,文久2(1862)年,藩命により上京,諸藩の尊王の有志と交わって情報収集に奔走した。同3年8月18日の政変で七卿と共に西下して帰国,中国地方の諸藩の間を往来して七卿の嫌疑を解くことに尽力した。明治1(1868)年,神祇事務局権判事となり,また明治天皇に『古事記』を進講した。以後,制度寮,神祇官,教部省,文部省などに出仕。元老院議官,貴族院議員などを歴任。<参考文献>加部厳夫編『木園福羽美静小伝』

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくばよししず【福羽美静】

1831~1907) 幕末・明治の国学者。石見の人。通称・文三郎、号は木園など。津和野藩士。大国隆正に学び、明治初期の神社行政に活躍した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福羽美静
ふくばびせい
(1831―1907)

幕末・明治期の国学者。通称文三郎、号は木園、硯堂(けんどう)など。津和野(つわの)藩士の家に生まれる。1853年(嘉永6)より大国隆正(おおくにたかまさ)に国学を学び、さらに平田鉄胤(ひらたかねたね)(1799―1880)にもついた。1860年(万延1)帰藩し藩校養老館教授。1862年(文久2)上洛(じょうらく)して尊攘(そんじょう)派有志と交際。翌1863年、八月十八日の政変のあと七卿(しちきょう)とともに西下帰藩し、以後藩主亀井茲監(かめいこれみ)の内命を奉じ、長・芸・因諸藩に応接するなど幕末期に活躍。1868年(明治1)徴士。神祇(じんぎ)事務局判事、翌1869年侍講となり、1870年神祇少副(しょうふ)に任じられ神道(しんとう)国教化政策に努めた。その後は元老院議官などを歴任し、1887年子爵、1890年貴族院議員。著書は『古事記神代系図』『近世学者歌人年表』など多数。[沼田 哲]
『加部厳夫編『福羽美静小伝』(1908)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の福羽美静の言及

【招魂社】より

…靖国神社および護国神社の旧称。1862年(文久2)福羽美静(ふくばびせい)(1831‐1907)らが討幕運動で非命の最期をとげた尊皇の志士を京都東山の霊山(りようぜん)にまつり,63年八坂神社境内に小祠を建立したのが最初である。討幕諸藩でも招魂慰霊がなされ,長州藩では64年(元治1)に藩主により山口市赤妻に設置され,慶応年間十数ヵ所に増加した。…

※「福羽美静」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福羽美静の関連キーワード福羽 逸人神仏分離山辺丈夫福羽逸人佐伯利麿御歌所招魂祭神祇省招魂社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android