秋の霜(読み)あきのしも

精選版 日本国語大辞典「秋の霜」の解説

あき【秋】 の 霜(しも)

① 秋の末に降りる。《季・秋》
※新古今(1205)雑上・一五六四「浅ぢふや袖にふりにし秋の霜忘れぬ夢に吹く嵐かな〈源通光〉」
② (多く実際の霜をかけていう) 白髪。霜鬢(そうびん)
※続拾遺(1278)雑秋・六一七「かぞふれは四十あまりの秋の霜のふりゆかむはてをしらばや〈源家長〉」
③ (漢語秋霜」の訓読) 刀剣異名。特に、よく切れる刀。その冷たく鋭い姿が秋季の霜のようであるところからいう。
※和漢朗詠(1018頃)下「雄剣腰に在り、抜けばすなはち秋の霜三尺〈源順〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「秋の霜」の解説

あき‐の‐しも【秋の霜】

晩秋に降りる霜。 秋》「生涯に一度の旅程—/蛇笏
白髪のたとえ。
「数ふれば四十あまりの—身のふり行かむ果てを知らばや」〈後拾遺・雑秋〉
《「秋霜しゅうそう」を訓読みにした語》鋭い刀剣のたとえ。
「—のきらめけるも、見るより身もひえ」〈名語記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android