コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋の霜 アキノシモ

デジタル大辞泉の解説

あき‐の‐しも【秋の霜】

晩秋に降りる霜。 秋》「生涯に一度の旅程―/蛇笏
白髪のたとえ。
「数ふれば四十あまりの―身のふり行かむ果てを知らばや」〈後拾遺・雑秋〉
《「秋霜(しゅうそう)」を訓読みにした語》鋭い刀剣のたとえ。
「―のきらめけるも、見るより身もひえ」〈名語記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきのしも【秋の霜】

晩秋に置く霜。秋しも。 [季] 秋。 《 手にとらば消ん涙ぞあつき- /芭蕉 》
白髪。 「かぞふれば四十よそじあまりの-/続拾遺 雑秋
〔秋霜しゆうそうを訓読した語〕 するどい剣。鋭利な剣。 「 -の下に消えはてさせ給ひぬる御事は/太平記 18

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秋の霜の関連キーワードショクヨウホオズキ雁金五人男五人男物追善物俠客物蓬の髪秋霜御事

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android