秋霜(読み)しゅうそう

精選版 日本国語大辞典「秋霜」の解説

しゅう‐そう シウサウ【秋霜】

〘名〙
秋の霜(しも)。《
※経国集(827)二〇・栗原年足対策文「秋爰降、転増悽愴之心
※太平記(14C後)二四「花春風に散り、葉秋霜に酔ふ」 〔史記‐李斯伝〕
② (霜が白くうっすらと置いているさまから) 白髪(しらが)をたとえていう。
※本朝文粋(1060頃)六・申遠江駿河守等状〈平兼盛〉「待月帰家。鬢髪皆梳秋霜之厳。老者少遺日。弱者有余年」 〔李白‐秋浦歌十七首・其十五〕
③ (白く濁っているところから) 酒。うま酒。
※本朝無題詩(1162‐64頃)三・六波羅蜜寺対月〈藤原明衡〉「一盞秋霜淳酒酌、数声白雪雅琴調」
④ (霜のように光るところから) 刀剣。とくに、切れ味のよい刀剣。
※玉葉‐文治二年(1186)六月一〇日「宣旨中云陵九重之暁浪。求三尺之秋霜」
⑤ (秋の霜が草木を枯らすところから) 刑罰権威、志操などのきびしいこと。→秋霜烈日。〔傅毅‐舞賦〕

あき‐しも【秋霜】

〘名〙 =あき(秋)の霜
※俳諧・季引席用集(1818)「秋に後るる 九月末〈〉秋霜 九」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「秋霜」の解説

しゅう‐そう〔シウサウ〕【秋霜】

秋の霜。 秋》「—の降らむばかりのふすまかな/石鼎
《霜の降りたさまから》白髪しらが
《秋の霜が草木を枯らすところから》刑罰・権威の厳しさや意志堅さなどのたとえ。
《霜のように光るところから》刀剣。特に、鋭く光る刀剣。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android