コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科文 カモン

デジタル大辞泉の解説

か‐もん〔クワ‐〕【科文】

仏語。経論の本文を解釈する際に、その内容を説意によって大小の段落に分け、各部分の内容を簡単な言葉にまとめたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かもん【科文】

〘仏〙
経論を解釈する際に、内容で段落に分けること。また、その段落。普通、序分・正宗分しようしゆうぶん・流通分るずうぶんの三つに分ける。 → 序分
の各段落を短い語句に要約したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

科文
かもん

中国仏教において、経律論の内容をわかりやすく把握するために文章を科目に分けること。一般には釈道安(しゃくどうあん)(312―385)が始めた序分(じょぶん)、正宗分(しょうしゅうぶん)、流通分(るつうぶん)の三分方式が多く用いられ、中心になる正宗分がまた細かく分科される。インド仏教やチベット仏教においても同様のものがみいだされるが、中国仏教では、たとえば天台が『法華経(ほけきょう)』を本迹(ほんじゃく)二門と分けるように、科文が新しい思想の発揮となることが多い。[吉津宜英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

科文の関連情報