コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦野章 はたの あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦野章 はたの-あきら

1911-2002 昭和時代後期の官僚,政治家。
明治44年10月10日生まれ。高等文官試験に合格,内務省の警察畑をあゆみ,昭和42年私大出身初の警視総監となる。49年参議院議員(当選2回,自民党)。ロッキード事件での田中角栄逮捕を批判した。57年第1次中曾根内閣の法相。61年引退。平成14年11月6日死去。91歳。神奈川県出身。日大卒。
【格言など】政治家に古典道徳の正直や清潔などという徳目を求めるのは,八百屋で魚をくれと言うのに等しい(昭和57年「文芸春秋」のインタビューでの発言)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秦野章の関連キーワードゴールドスミス(Jerry Goldsmith)牧野省三科学技術[各個指定]芸能部門安野光雅[各個指定]工芸技術部門ムン ソリ桂太郎内閣ランデール会田誠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秦野章の関連情報