コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程に ホドニ

デジタル大辞泉の解説

ほどに【程に】[接助]

[接助]《連語「ほどに」から》理由・原因を表す。…ので。…だから。
「今日は天気もよい―遊山に行かうと思ふが」〈虎明狂・若菜
[補説]中世末、順接確定条件を表す「ば」に代わり、一語接続助詞として発達した。

ほど‐に【程に】[連語]

[連語]
《名詞「ほど」+格助詞「に」》時間的経過を表す。…するうちに。…すると。
「さて、年ごろ経る―、女、親なくたよりなくなるままに」〈伊勢・二三〉
《副助詞「ほど」+格助詞「に」》…するにつれて、ますます。「飲む―、元気になる」→ほど[副助]4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

程にの関連キーワード非学者論議に負けず差し響き・差響き脛脛の伸びた奴タービンポンプ沓の子を打つ産の紐を解く斯かる程にあいしらう然しもやは内を出違うもて騒ぐふりふり異なりい十方旦那後夜起き信濃木賊習はかすふさやか申し申し見目好し

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

程にの関連情報