コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種屋 たねや

大辞林 第三版の解説

たねや【種屋】

草木の種を商う家。また、その人。種物商。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たねや【種屋】

草木の種子を商う店。種物屋ともいう。江戸時代は徳川家康以来代々の将軍に花好きが多く,〈寛永ツバキ〉〈元禄ツツジ〉〈正徳キク〉などといわれる流行を生み,全期を通じてきわめて園芸熱が盛んであった。そうした風潮を背景にして,新種,珍種をつくり出して一獲千金をねらう者もあり,内職として花卉(かき)栽培を手がける者も少なくなかった。種屋はそうした状況下で成立したと考えられるが,《柳多留》139編(1835)に見える〈瓔珞(ようらく)のやうに下げとく種物屋〉の句などからすると,店先に種を入れた袋をつり下げていたもののようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

種屋の関連キーワードポッゲンドルフ八重崎屋源六ペッファーアッタール平瀬徹斎薬種商薬売り周滑平薬屋草木化粧

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種屋の関連情報