森敦(読み)モリアツシ

百科事典マイペディアの解説

森敦【もりあつし】

小説家。長崎県生れ。旧制一高中退。横光利一師事し,その推薦で《毎日新聞》に《酩酊船(よいどれぶね)》を連載する。太宰治檀一雄らと《青い花》創刊に参加したが,作品は発表せず,各地を放浪。戦後同人誌《ポリタイア》に《天上の眺め》その他の短編を発表。1973年,《季刊芸術》に発表した中編《月山》で第70回芥川賞受賞。他に《鳥海山》,《意味の変容》,野間文芸賞受賞作《われ逝くもののごとく》などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森敦 もり-あつし

1912-1989 昭和時代の小説家。
明治45年1月22日生まれ。横光利一の推薦で,昭和9年「東京日日新聞」「大阪毎日新聞」に「酩酊船(よいどれぶね)」を連載。まもなくながい放浪生活にはいる。49年「月山」により61歳で芥川賞,62年「われ逝くもののごとく」で野間文芸賞をうけた。平成元年7月29日死去。77歳。長崎県出身。第一高等学校中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もりあつし【森敦】

1912~1989 小説家。長崎県生まれ。旧制一高中退。横光利一に師事、「酩酊船」執筆後各地を放浪、のち、「月山」で幽寂の境地を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森敦
もりあつし
(1912―1989)

小説家。長崎市に生まれる。朝鮮の京城中学から旧制第一高等学校理科に入るが、小説がいかにあるべきかを追求するジッドに興味をもち、また禅や華厳(けごん)経の世界に近づき、中退。横光利一(りいち)の知遇を得、その推薦で1934年(昭和9)『東京日日新聞』に『酩酊船(よいどれぶね)』を連載、注目される。これは小説方法論的小説ともいうべきもので、小説を論理の実践とするその姿勢は、のちに至るまで一貫している。檀一雄(だんかずお)、太宰治(だざいおさむ)らと『青い花』に参加、しかし、まもなく東大寺の上司海雲(かみつかさかいうん)を頼って奈良に赴き、さらに各地を転々とする生活を始めるが、その間も小島信夫(のぶお)ら後輩作家との文学的交遊は絶えなかった。73年(昭和48)曽遊(そうゆう)の地庄内(しょうない)地方を舞台にした清冽(せいれつ)な作品『月山(がっさん)』で文壇に再登場、芥川(あくたがわ)賞を受賞して61歳の新人、幻の作家の復活とジャーナリズムをにぎわした。小説集に『鳥海山』(1974)、長編『われ逝(ゆ)くもののごとく』(1987)、エッセイ集『意味の変容』(1984)、『マンダラ紀行』(1986)など。[沖山明徳]
『『月山』(文春文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android