コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種市 たねいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種市
たねいち

岩手県北東端,洋野町北東部の旧町域。太平洋に面する。久慈市の北にあり,北西で青森県に接し,久慈平岳東斜面一帯を占める。 1951年町制。 1955年中野村と合体。 2006年大野村と合体して洋野町となる。旧町名はアイヌ語に由来する中世以来の地名にちなむ。南部もぐり (潜水夫) 発祥の地として知られ,沈没船解体などの技術で海外でも活躍している。県立種市高等学校に全国唯一の潜水士養成課程がある。ウニ,アワビ,ホヤなどを採取する磯漁業が主産業。江戸ヶ浜,中野海岸,角ノ浜などの景勝地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

種市
たねいち

岩手県北東部、九戸(くのへ)郡にあった旧町名(種市町(まち))。現在は洋野(ひろの)町の北部を占める地域。1951年(昭和26)町制施行。1955年中野村と合併。2006年(平成18)同郡大野(おおの)村と合併して洋野町となった。北は青森県に接し、東は太平洋に臨み、西は北上(きたかみ)高地の丘陵性の高原である。旧町域の8割が山林。農林漁の兼業地帯で、近年ウニ、アワビ、海藻類の大規模増殖事業が成果をあげている。南部潜水夫の出身地として知られ、県立種市高校には全国で唯一の潜水士養成の海洋開発科がある。JR八戸(はちのへ)線、国道45号が通じ、青森県八戸市の影響が強い。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

種市の関連キーワードベリー類クランベリー・ブルーベリー洋野町立種市歴史民俗資料館岩手県九戸郡洋野町種市岩手県九戸郡洋野町大野(岩手県)ドミナント規制県立種市高校都市再開発法階上[町]庄 幸司郎洋野(町)洋野[町]種市[町]仮設工事シロギス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種市の関連情報