コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ

デジタル大辞泉の解説

るい【類】

互いに似ていること。同じ種類のものであること。また、そのもの。「ビタミンのが欠乏する」「を異(こと)にする」「古今にを見ない出来事」
生物の分類上の綱(こう)・目(もく)などに相当するひとまとまり。「哺乳」「霊長
類概念」の略。
一族。一門。親類。
「厳(いか)めしく―ひろく、むすめがちにて」〈・須磨〉

るい【類】[漢字項目]

[音]ルイ(呉)(漢) [訓]たぐい
学習漢字]4年
互いに似た性質でまとめられるものの集まり。たぐい。「類別衣類魚類穀類種類書類生類(しょうるい)親類人類鳥類党類糖類同類部類分類
似ている。似たもの。「類義・類型類似類書類例類人猿比類無類
同じ目にあう。まきぞえを食う。「類火類焼
[名のり]とも・なし・よし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

るい【類】

性質・性格などが似ていること。また、そのもの。また、類似したものをくくった集まり。 「他に-をみない大規模な古墳」 「雑誌の-」
生物分類学上、綱・目などの代わりに用いる慣用語。哺乳類(綱)、双翅類(目)など。
〘論〙 「 類概念 」に同じ。
一族。一門。親戚縁者。 「此の乳母の-也ける僧/今昔 16

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


るい

伝統的論理学で、一つの概念Aが、もう一つの概念Bを包むとき、AをBの類概念、BをAの種(しゅ)概念とよぶ。また、それぞれの概念の外延を、互いに類classと種とよぶ。たとえば、動物は人間に対し類であり、人間は動物に対し種である。また、動物は生物に対し種speciesであり、生物は動物に対し類である。このように類と種とは相対的な概念である。集合のことばでいうと、一つの集合と、その部分集合ないし元(げん)との関係が、類と種との関係になる。とくに生物学などでの分類には、類と種との関係が盛んに使われる。
 公理的集合論では、より大きな集合の元となりうる普通の集合を狭義の集合とよび、元をもちうるが、それを集めても集合をつくることができないような大きな集合と、この狭義の集合とをあわせたものを類とよぶ。これは、抽象の原理、すなわち、「一つの条件を満たすものの全体が一つの集合をなす」を乱用すると矛盾がおこるので、これを防ぐために考えられた区別である。
 類や種に、個物と同様な実在性を認めるかどうかという問題は、いわゆる普遍の問題になる。[吉田夏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

類の関連情報