コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣稔次郎 いながき としじろう

2件 の用語解説(稲垣稔次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣稔次郎 いながき-としじろう

1902-1963 昭和時代の染色家。
明治35年3月3日生まれ。京都松坂屋図案部勤務をへて昭和6年独立し,文展,日展に特選3回。戦後富本憲吉らと新匠美術工芸会を創立する。33年京都市立美大教授。37年型絵染の技法で人間国宝。昭和38年6月10日死去。61歳。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲垣稔次郎
いながきとしじろう
(1902―1963)

重要無形文化財型絵染め保持者、京都市立美術大学(現京都芸大)教授。当初糊描(のりかき)の作品を試みたが、とくにその名声を高めたのは、1948年(昭和23)46歳の春以来発表を続けた型染めである。その作品は、京都やその周辺の風物や諸行事をテーマとし、作調はまことに典雅で、型染めのもつ量産性よりも芸術的特質に重きを置き、数枚の型紙あるいはその表裏を巧みに駆使して防染糊(のり)を置き、色挿(ざし)している。とくに型紙彫刻の隘路(あいろ)とされる「吊(つ)り」を巧みに模様のなかに溶け込ませているのは、その非凡な意匠力と技をうかがわせる。[杉原信彦]
『乾由明編『稲垣稔次郎作品集』(1966・光琳社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲垣稔次郎の関連キーワード青木滋芳安達直次小合友之助小宮康助桜井霞洞鈴田照次渡嘉敷貞子皆川月華山下め由山田栄一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲垣稔次郎の関連情報