稲負鳥(読み)イナオオセドリ

  • いなおおせどり いなおほせ‥
  • いなおおせどり〔いなおほせ〕
  • 稲負鳥 (イナオオセドリ)

大辞林 第三版の解説

古歌に多く詠まれた鳥の名。秋に渡来する渡り鳥で、セキレイともトキともいうが不明。古今伝授の三鳥の一。 わがかどに-のなくなべに/古今 秋上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 古歌に多くよまれた鳥の名で、古今伝授三鳥(よぶこどり・ももちどり・いなおおせどり)の一つ。どんな鳥かは不詳だが、セキレイ、トキ、スズメ、クイナ、バン、タマシギなどに当てる諸説がある。《季・秋》
※新撰万葉(893‐913)上「山田守る秋の仮廬に置く露は稲負鳥の涙なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android