コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とき トキ

2件 の用語解説(ときの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とき[列車]

上越新幹線で運行されている特別急行列車の愛称。平成14年(2002)運行開始。高崎・越後湯沢・長岡などを経由して東京・新潟駅間を結ぶ。2階建て車両E4系が使用される際の名称は「Max(マックス)とき」。

とき【×鴇/朱鷺/×鵇/桃鳥】

ペリカン目トキ科の鳥。全長77センチくらいで、淡紅色を帯びた白色。顔と脚が赤く、頭に冠羽があり、くちばしは黒く、下方に曲がる。水田や湿地でタニシドジョウサワガニなどを捕食。巣は高い木の上に作る。東アジアに分布。日本では明治中ごろまで各地に生息したが、野生のものは絶滅。特別天然記念物国際保護鳥。学名、ニッポニア・ニッポン。トキ科にはクロトキ・ショウジョウトキなども含まれる。 秋》
[補説]「鵇」は国字。佐渡島では平成20年(2008)より人工繁殖した成体を放鳥する活動が行われており、平成24年(2012)には野生下での孵化(ふか)・巣立ちも確認された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ときの関連情報