コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶺鴒 セキレイ

デジタル大辞泉の解説

せき‐れい【××鴒】

スズメ目セキレイ科の鳥のうち、キセキレイセグロセキレイハクセキレイなどの総称。水辺でみられ、スズメより大形。尾が長く上下に振る習性がある。いしたたき。にわたたき。とつぎおしえどり。こいおしえどり。 秋》「―のなぶり出しけり山の雨/一茶

つつ【鶺鴒】

鳥の名。セキレイの古名というが未詳。
「あめ、―、千鳥(ちどり)、ま鵐(しとと)」〈・中・歌謡〉

にわ‐くなぶり〔には‐〕【鶺鴒】

セキレイの古名。〈和名抄

まな‐ばしら【鶺鴒】

セキレイの古名。
「ももしきの大宮人はうづらとり領巾(ひれ)取り掛けて―尾行き合へ」〈・下・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきれい【鶺鴒】

スズメ目セキレイ科の鳥のうち、タヒバリ属を除くものの総称。全長約20センチメートル。体はほっそりとし、長い尾をよく上下に振る。羽色は白と黒あるいは黄と黒。水辺を歩き回って虫を食べる。ハクセキレイ・セグロセキレイ・キセキレイなど。カワラスズメ。イモセドリ。イシタタキ。 [季] 秋。 《 -の飛び来て歩く巌かな /鈴鹿野風呂 》

つつ【鶺鴒】

セキレイの古名。 「あめ、-、千鳥/古事記

にわくなぶり【鶺鴒】

セキレイの古名。 「時に-有り、飛び来て其の首尾を揺たたく/日本書紀 神代上訓

まなばしら【鶺鴒】

セキレイの古名。 「 -尾行きあへ庭雀うずすまり居て/古事記

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鶺鴒 (セキレイ)

動物。セキレイ科に属する鳥の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鶺鴒の関連キーワード籠神社(こもりじんじゃ)会う・逢う・遭う伊勢神宮錦鈴鹿野風呂日本書紀七十二候六角紫水笹野彫り恋教へ鳥大鳥逸平せきれいひこひこ如水宗淵六方組古事記行合う鶺鴒台旗本奴志野焼動物

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶺鴒の関連情報