積水化学工業(読み)せきすいかがくこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「積水化学工業」の解説

積水化学工業
せきすいかがくこうぎょう

化成品,樹脂加工品製造会社。1947年日本窒素肥料(→チッソ)の従業員によりプラスチック製品の総合事業化がはかられ,積水産業として創立。翌 1948年現社名に変更。1952年塩化ビニル管「エスロンパイプ」,1957年ポリエチレン製バケツ「ポリバケツ」,1961年プラスチック製ごみ容器「ポリペール」を発売。1960年住宅関連事業部を分社して積水ハウス産業(→積水ハウス)を設立,1971年には社内にユニット工法の住宅部門を新たに設立し,「セキスイハイム」として全国に販売会社を展開。戸建て住宅のほか,自動車,情報技術,エレクトロニクス関連における高機能プラスチック製品,ライフラインを支える資材などを事業の柱とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015「積水化学工業」の解説

積水化学工業

正式社名「積水化学工業株式会社」。英文社名「Sekisui Chemical Co., Ltd.」。化学工業。昭和22年(1947)「積水産業株式会社」設立。同23年(1948)現在の社名に変更。大阪本社は大阪市北区西天満。東京本社は東京都港区虎ノ門。総合化学メーカー。ユニット型住宅・管工機材・建材用化成品・高機能プラスチックなどを製造。東京証券取引所第1部上場。証券コード4204。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android