空宗(読み)くうしゅう

精選版 日本国語大辞典「空宗」の解説

くう‐しゅう【空宗】

〘名〙 仏語
仏教の異称。
② 空(くう)の理を宗旨とするもの。成実宗(じょうじつしゅう)、三論宗、禅宗など。
※伝光録(1299‐1302頃)大医禅師「まさに諸師の行状、いづれも勝劣なしといへども、幼より空宗をしたふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「空宗」の解説

空宗
くうしゅう

すべての存在には実体はなく,本質的に空であるとする立場の仏教の一派有宗 (うしゅう) に対する。たとえば,空の理論を体系化した龍樹とその系統 (中観派,三論宗など) をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android