コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿く/履く/佩く/帯く ハク

デジタル大辞泉の解説

は・く【×穿く/履く/×佩く/帯く】

[動カ五(四)]
(穿く)衣服などを、足先から通して下半身につける。「ズボンを―・く」「袴(はかま)を―・く」
(履く)履物を足につける。「靴を―・く」「たびを―・く」
(佩く・帯く)刀・矢などを腰につける。身に帯びる。「太刀を―・く」
[可能]はける
[動カ下二](佩く・帯く)腰につけさせる。
「一つ松人にありせば太刀―・けましを」〈・中・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

穿く/履く/佩く/帯くの関連キーワード同音語のアクセント靴足袋成り丈横着草鞋太刀

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android