コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装う/粧う ヨソウ

デジタル大辞泉の解説

よそ・う〔よそふ〕【装う/粧う】

[動ワ五(ハ四)]
飲食物を器に盛る。よそる。「味噌汁を―・う」
よそおう2」に同じ。
「強いて嬉しげを―・うて」〈露伴・連環記〉
よそおう1」に同じ。
「君なくは何(な)ぞ身―・はむくしげなる黄楊(つげ)の小櫛も取らむとも思はず」〈・一七七七〉
よそおう3」に同じ。
「難波津に―・ひ―・ひて今日の日や出でてまからむ見る母なしに」〈・四三三〇〉
[可能]よそえる

よそお・う〔よそほふ〕【装う/粧う】

[動ワ五(ハ四)]《動詞「よそ(装)う」の未然形に接尾語「」の付いた「よそはふ」の音変化》
身なりや外観を整える。また、美しく飾る。「礼服に身を―・う」「店内を春向きに―・う」
表面や外観を飾って、他のものに見せかける。ふりをする。「平静を―・う」「病人を―・う」
支度をする。準備をする。
「魚餌(えさ)を鉤(はり)に―・いつけた時であった」〈露伴・蘆声〉
[可能]よそおえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よそう【装う】

( 動五[四] )
[0] 飯や汁を器に盛る。よそる。 「ごはんをもう一杯-・ってください」
飾りととのえる。しつらえる。 「中の間は院のおはしますべき御座おまし-・ひたり/源氏 若菜下
船出・出発の準備・整備をする。 「おしてるや難波の津ゆり舟-・ひ我あれは漕ぎぬと妹に告ぎこそ/万葉集 4365
ととのった衣服を身につける。よそおう。 「ぬば玉の黒き御衣みけしをまつぶさに(=完全ニ)取り-・ひ/古事記
[可能] よそえる
( 動下二 )
飾りととのえる。身じたくをする。 「色々に-・へたる指貫姿/今昔 31

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

装う/粧うの関連キーワードメーキャップ化粧品ポーカーフェース預け合い・預合い努めて・勉めてしらばくれる郷原は徳の賊フェイク着信レッグウエアラリエット差し強らす綺羅を飾る感に堪える若やぎ立つ辺幅を飾るフェミニン遣り放し仮装行為戦時謀計色を作る事無しぶ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android