コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装う/粧う ヨソウ

3件 の用語解説(装う/粧うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よそ・う〔よそふ〕【装う/粧う】

[動ワ五(ハ四)]
飲食物を器に盛る。よそる。「味噌汁を―・う」
よそおう2」に同じ。
「強いて嬉しげを―・うて」〈露伴・連環記〉
よそおう1」に同じ。
「君なくは何(な)ぞ身―・はむくしげなる黄楊(つげ)の小櫛も取らむとも思はず」〈・一七七七〉
よそおう3」に同じ。
「難波津に―・ひ―・ひて今日の日や出でてまからむ見る母なしに」〈・四三三〇〉
[可能]よそえる

よそお・う〔よそほふ〕【装う/粧う】

[動ワ五(ハ四)]《動詞「よそ(装)う」の未然形に接尾語「」の付いた「よそはふ」の音変化》
身なりや外観を整える。また、美しく飾る。「礼服に身を―・う」「店内を春向きに―・う」
表面や外観を飾って、他のものに見せかける。ふりをする。「平静を―・う」「病人を―・う」
支度をする。準備をする。
「魚餌(えさ)を鉤(はり)に―・いつけた時であった」〈露伴・蘆声〉
[可能]よそおえる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よそう【装う】

( 動五[四] )
[0] 飯や汁を器に盛る。よそる。 「ごはんをもう一杯-・ってください」
飾りととのえる。しつらえる。 「中の間は院のおはしますべき御座おまし-・ひたり/源氏 若菜下
船出・出発の準備・整備をする。 「おしてるや難波の津ゆり舟-・ひ我あれは漕ぎぬと妹に告ぎこそ/万葉集 4365
ととのった衣服を身につける。よそおう。 「ぬば玉の黒き御衣みけしをまつぶさに(=完全ニ)取り-・ひ/古事記
[可能] よそえる
( 動下二 )
飾りととのえる。身じたくをする。 「色々に-・へたる指貫姿/今昔 31

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone