コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突ん棒漁業 つきんぼうぎょぎょう

2件 の用語解説(突ん棒漁業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つきんぼうぎょぎょう【突ん棒漁業】

船上からもりを投げてマグロカジキなどの表層性大型魚類を漁獲する漁業。日本では江戸時代からカジキを対象として行われ,カジキ突ん棒漁として知られた。現在でもおもな漁獲物はメカジキマカジキで,そのほか,他のカジキ類,マグロ,イルカ,サメなどもとれる。遊泳力の強い魚をねらうので高速が出,操縦性能のよい漁船が必要である。漁船には船首にもり手の立つ突ん棒台と中央に高い魚見台を備え,独特の形をしている。ただし,日本には専業船はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

突ん棒漁業
つきんぼうぎょぎょう

海洋の表層を遊泳するカジキ類やマグロ類などを、銛(もり)を投げてしとめる漁業をいう。銛は雑漁具の一種で、鋼鉄の鋭利な先端を有し、突き刺した魚が脱落しないように、釣り鉤(ばり)の「あぐ」に似た「かえし」のあるものを用いる。銛竿(もりざお)は長さ3~4.5メートル、径4センチメートルのカシ材などでつくられており、先端に銛がつけられる。尾柄(びへい)部には、銛で突いたあと、魚を扱うための「やな」とよばれる綱が結ばれている。漁船は10~40トン、80~200馬力、乗組員3~15人、サンマ棒受(ぼううけ)網などほかの漁業との兼業船が多く、船首に銛を投げるための台が突出している。一年中、日本近海の太平洋および東シナ海で操業され、とくにマカジキ漁場として、4~5月の房総近海、2~4月の伊豆七島、11月から翌年1月の銚子(ちょうし)沖が知られ、1~3月の東シナ海および6~9月の三陸近海のメカジキ漁場も著名である。[笹川康雄・三浦汀介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

突ん棒漁業の関連キーワード梶木鮪筆を投げる身を投げる梶木投銭毬投げインドマグロゼリーミートミナミマグロ投げ技

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone