コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窒素同化作用 ちっそどうかさようnitrogen assimilation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窒素同化作用
ちっそどうかさよう
nitrogen assimilation

窒素およびそれを含む化合物を生物体内に取入れて自己に必要な諸種の含窒素有機物とする働きをいう。生物の種類によって同化する化合物の種類やその方法が違う。根粒細菌や土壌中のアゾトバクターなど,根粒をつくる放線菌やある種の藍藻は空気中の遊離窒素を固定して,それぞれに必要な窒素化合物をつくるが,これは非常にまれな例である。緑色植物は硝酸や亜硝酸,アンモニア (量的には少い) の形で窒素を吸収し,体内でグルタミン酸やアスパラギンを経て,いろいろな窒素化合物の原料とする。多くの動物や細菌類,菌類などの従属栄養生物は,ほかの生物のつくったアミノ酸や蛋白質をアミノ酸の形で吸収し,自己に必要なあらゆる窒素化合物の原料とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちっそどうかさよう【窒素同化作用】

生物が外界から取り入れた窒素成分を、タンパク質・核酸など生体を構成する窒素化合物に変える過程。窒素同化。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

窒素同化作用の関連キーワードタンパク質窒素固定核酸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android