コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立体音響 りったいおんきょうstereophonic sound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立体音響
りったいおんきょう
stereophonic sound

両耳の聴覚で音源の方向や距離がわかるのは,左右の耳に達する音波のわずかなずれを脳中枢が敏感にとらえて判断する (両耳効果) からで,両眼視による立体感と根本的には同じ原理である (→立体写真 ) 。やや離れた位置の複数マイクロホンで同一音を同時別々に採音し,これを同じレコードやテープに重ねて録音し (立体録音) ,再生には各音を分離抽出してやや離れた位置の複数のスピーカで同時に再現すると,その音響は立体的な方向や距離の感じ (臨場感) を与える。これが立体音響で,その再生装置ステレオ俗称する。これはギリシア語源で三次元固体を意味する。ラジオでは,別々に採音した音波を別々の波長の電波に変え,複数の受信機で同時に聞く (立体放送) 。音楽などの再生の場合は,単に立体感だけでなく,音の高低や音色の微細な変化まで忠実に再現することが要求されるので,再生装置についてのマニアが多い。このほかにバイノーラル binaural方式,ホロフォニック holophonic方式がある。 1970年代の4チャンネルステレオやアンビソニックなども立体音響の一種といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りったい‐おんきょう〔‐オンキヤウ〕【立体音響】

広がりや奥行きをもって聞こえる音。複数のマイクロホンを使って録音し、それぞれ別のスピーカーを用いて再生する。→ステレオ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

立体音響【りったいおんきょう】

ステレオ音響

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りったいおんきょう【立体音響】

奥行きや広がりをもって再生される音。録音および再生に二回路以上の装置を用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立体音響
りったいおんきょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

立体音響の関連キーワードSRS WOWエフェクトホームシアターファンタジアアメリカ映画サラウンド電気音響コマ劇場シネラマ広がり音像

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立体音響の関連情報