コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜眼肉 リュウガンニク

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

りゅうがんにく【竜眼肉】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ムクロジ科リュウガンの果実を乾燥したもの。鎮静滋養健胃などの作用がある。貧血不眠症精神不安神経症に効く加味帰脾湯(かみきひとう)、貧血、不眠症に効く帰脾湯などに含まれている。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうがんにく【竜眼肉】

リュウガンの種子を包む甘い肉質の仮種皮。生で食用とし、また乾燥して鎮静・滋養強壮薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の竜眼肉の言及

【リュウガン(竜眼)】より

レイシと可食部は類似している。乾果は竜眼肉と称し,漢方薬として重用される。樹形は開張性で樹高は10mに達する。…

※「竜眼肉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜眼肉の関連キーワードリュウガン(竜眼)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android