加味帰脾湯(読み)かみきひとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かみきひとう【加味帰脾湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)茯苓(ぶくりょう)酸棗仁(さんそうにん)竜眼肉(りゅうがんにく)当帰(とうき)遠志(おんじ)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)柴胡(さいこ)山梔子(さんしし)牡丹皮(ぼたんぴ)木香(もっこう)甘草(かんぞう)人参(にんじん)などを含む。宋(そう)代の医学書『済生方(さいせいほう)』などに処方が示されている。貧血不眠精神不安神経症動悸(どうき)などに用い、過労や血行不良がともなうとき、とくに有効とされる。虚弱体質の人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android