コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜飛御天歌 りゅうひぎょてんか Yongbi ǒch'ǒnga

2件 の用語解説(竜飛御天歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜飛御天歌
りゅうひぎょてんか
Yongbi ǒch'ǒnga

朝鮮,李朝初期の楽章。世宗 29 (1447) 年に権てい,鄭麟趾,安止らの撰進により刊行。全 125章のうち,第1章と終章以外は各章2首から成り,初首に中国歴代帝王の偉大な事績をうたい,次首はこれに符合させて李朝6代の王祖 (穆祖,翼祖,度祖,桓祖,太祖,太宗) の肇国の事績をうたった創業頌詠歌になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうひぎょてんか【竜飛御天歌】

朝鮮の李朝建国叙事詩鄭麟趾らの撰。1447年刊,木版本。10巻,125章から成る。初章1聯,終章3聯以外は2聯で,対になったハングル歌,そして漢詩訳が続く。前聯は中国の故事,後聯は朝鮮の事跡で建国の正当性を主張する。世宗(せいそう)前6代祖の事跡を述べるが,太祖(李成桂)に最も詳しい。110章以降は後代の王への訓誡。ハングル(1446年訓民正音として制定)による最初の資料で,注は漢文で書かれて長く,高麗末から李朝初期の中国東北部や日本に関する記事もあり,文学・語学・歴史的にも重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の竜飛御天歌の言及

【朝鮮音楽】より

…雅楽,俗楽,宴楽,軍楽の楽制と楽院も整えられた。世宗の命によって作られた《竜飛御天歌(りゆうひぎよてんか)》は朝鮮朝の事蹟を歌ったもので,それにつけられた音楽のうち《与民楽》だけは今日もなお演奏されている。《保太平》と《定大業》は世宗が祖宗の功徳をたたえて創作した音楽だが,のちに世祖代になると宗廟楽として採択された。…

※「竜飛御天歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜飛御天歌の関連キーワード事大党叙事詩圏鄭麟趾叙事的演劇守旧派サンティアゴ/はるかなる未来の叙事詩《アイヌ叙事詩ユーカラの研究》ギリシア叙事詩《ギリシア叙事詩の成立》叙事詩環

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone