竹中労(読み)たけなか ろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹中労 たけなか-ろう

1930-1991 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,ルポライター。
昭和5年5月30日生まれ。父は竹中英太郎。週刊誌「女性自身」記者となり,芸能人の「直撃インタビュー」「独占手記」などの芸能ジャーナリズムの手法を開拓。評論,ルポルタージュ,小説など幅ひろい分野で活躍。平成3年5月19日死去。60歳。東京出身。東京外大中退。本名は労(つとむ)。著作に「琉球幻視行」「美空ひばり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹中労の関連情報