コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧口常三郎 まきぐちつねさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧口常三郎
まきぐちつねさぶろう

[生]1871. 新潟
[没]1944. 東京,巣鴨
教育学者,教育実践家。創価学会初代会長。 1893年尋常師範学校卒業と同時に小学校の訓導となり,のち師範学校の助教諭兼訓導に昇進するが,間もなく辞職。雑誌編集などを経て,東京の小学校長を歴任した。この間,戸田城聖らと学習塾「時習学館」を開設し,また開発主義教授論と単級学校教授方法論を研究,合理的な教授方法を提唱した。教職を離れてのち,創価教育学会を創設し,創価教育による教育改革を展開したが,第2次世界大戦中に治安維持法により逮捕,東京拘置所で獄死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

牧口常三郎【まきぐちつねさぶろう】

創価学会創始者,初代会長。新潟県の人。北海道尋常(じんじょう)師範卒業後,地理学を修め,志賀重昂の門をたたいて自然と人生との関係を論じた《人生地理学》を公刊

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧口常三郎 まきぐち-つねさぶろう

1871-1944 明治-昭和時代前期の教育者,宗教家。
明治4年6月6日生まれ。小学校の教師,校長をつとめ,地理学・教育学を研究して「人生地理学」などをあらわす。昭和3年日蓮(にちれん)正宗に入信。5年弟子の戸田城聖(じょうせい)とともに創価教育学会(創価学会の前身)を創立して会長となり,「創価教育学体系」の刊行をはじめる。18年治安維持法違反,不敬罪で検挙され,昭和19年11月18日獄死。74歳。越後(えちご)(新潟県)出身。北海道尋常師範卒。旧姓は渡辺。幼名は長七。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まきぐちつねさぶろう【牧口常三郎】

1871‐1944(明治4‐昭和19)
宗教家,教育家。創価学会初代会長。新潟県刈羽郡荒浜村に生まれた。幼名長七。旧姓渡辺,3歳のときに養家の牧口姓となった。小学校卒業後に小樽で警察署給仕となり,苦学して北海道尋常師範を卒業。1901年に上京,志賀重昂の門をたたき,その紹介で《人生地理学》(1901)を刊行。近代地理学の精神を摂取し,教育学を基礎とした独自の見解で,半年で4版を重ねた。また,柳田国男の〈郷土会〉に参加,その影響で書き上げた《教授の統合中心としての郷土科研究》(1912)も名著の一つといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まきぐちつねさぶろう【牧口常三郎】

1871~1944) 教育家・宗教家。新潟県生まれ。小学校教師になり、「人生地理学」を刊行。「創価教育」を唱え、戸田城聖とともに創価学会の前身である創価教育学会を創設した。不敬罪と治安維持法違反で拘留中に病死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧口常三郎
まきぐちつねさぶろう
(1871―1944)

教育家、宗教家。柏崎(かしわざき)県刈羽(かりわ)郡(現、新潟県柏崎市)に渡辺長松の長男として誕生。5歳で牧口家の養子となる。1893年(明治26)北海道尋常師範学校を卒業。以後40年間初等教育に携わり、上京後も白金小学校などの校長を務めた。創造性開発の教育を標榜(ひょうぼう)し、環境と人との相互交渉の理解がその基礎であると自ら『人生地理学』(1903)、『郷土研究』(1912)、その他を著す。後年、経験科学としての教育学の樹立を目ざし『創価教育学体系』(1930)4巻を発刊。万人共通の社会的利の実現が最高善であり個人の幸福、と説く価値論を展開し、それを実現する人格の形成を日蓮(にちれん)の法華(ほけ)経信仰にみいだし、1928年(昭和3)日蓮正宗(しょうしゅう)に入信する。1930年弟子の戸田城聖(じょうせい)と「創価教育学会」(創価学会の前身、正式な発会式は1937年)を設立し、教育・宗教革命を目ざしたが、1943年国家神道(しんとう)否定と治安維持法違反の理由で検挙され、巣鴨(すがも)拘置所で獄死した。[中野 毅]
『『牧口常三郎全集』全10巻(1981~1988・第三文明社) ▽美坂房洋編『牧口常三郎』(1972・聖教新聞社) ▽斎藤正二著『若き牧口常三郎 上』(1981・第三文明社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の牧口常三郎の言及

【郷土論】より

…当時,日本では一般には関心の浅かったヨーロッパ民俗学に注目した柳田は,日本における常民文化の実態とその意義を解明し,独自の民俗学を大成したし,マイツェンの古集落や農地の形態分析に示唆を得た新渡戸は,〈地方(じかた)学〉としての農学の樹立を企てた。またペスタロッチなどの影響をうけた地理学の牧口常三郎は郷土の学習をもとに小学教育の組織化をはかり,《教授の中心としての郷土科研究》(1912)を出版し,理想的な教育論を主唱した。郷土会に参加した学者の中には,そのほかにも小野武夫,尾佐竹猛,小田内通敏,今和次郎,那須皓など,それぞれの専門領域において郷土研究の成果を生かした学者も少なくない。…

【創価学会】より

…東京都新宿区信濃町に本部をおく日蓮正宗の在家信者によって構成される宗教団体。1930年11月に牧口常三郎戸田城聖とともに創立した創価教育学会を母体に,46年戸田が創価学会として再建した。1937年に発会式をあげて布教活動を本格化した創価教育学会は,法華経を唯一として他宗を排撃,大麻(神宮神礼)奉斎を拒否したため43年弾圧され,戸田,牧口らは投獄された。…

※「牧口常三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牧口常三郎の関連キーワード原島 宏治戸田 城聖竹中 労創価大学教育者病死

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android