コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田黙雷 たけだ もくらい

美術人名辞典の解説

竹田黙雷

臨済宗の僧。建仁寺三六九世。長崎県生。諱は宗淵、別に左辺亭と称す。妙心寺越渓守謙に師事。建仁寺派管長石窓紹球の後嗣となり、禅堂再建に当たった。さらに福岡梅林寺の東海玄達印可を受け、建仁寺に僧堂を開創、建仁寺派管長となり、寺勢の振興に尽力した。昭和7年(1932)寂、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田黙雷 たけだ-もくらい

1854-1930 明治-昭和時代前期の僧。
嘉永(かえい)7年7月2日生まれ。臨済(りんざい)宗。妙心寺の越渓守謙(えっけい-しゅけん),猷禅玄達(ゆうぜん-げんたつ)らにまなび,玄達の印可をうける。建仁寺の石窓紹球の法をつぎ,明治25年建仁寺派管長となり,寺勢の振興と禅の普及につとめた。昭和5年11月15日死去。77歳。壱岐(いき)(長崎県)出身。名は宗淵。別号に左辺亭。著作に「黙雷禅話」「暗号密令」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹田黙雷
たけだもくらい
(1854―1930)

明治・大正時代の臨済(りんざい)宗の僧。嘉永(かえい)7年7月2日、壱岐(いき)国(長崎県)に生まれる。諱(いみな)は宗淵(そうえん)、別号は左辺亭(さへんてい)。大陽庵(たいようあん)の良堂について出家、国分寺の洪堂(こうどう)、福岡県博多(はかた)崇福寺(そうふくじ)の蘭陵(らんりょう)に師事、亀井南溟(かめいなんめい)に漢学を学ぶ。のち上洛(じょうらく)し妙心寺の越渓(えっけい)、美濃(みの)(岐阜県)正眼寺の泰竜(たいりょう)、梅林寺の猷禅(ゆうぜん)に歴参、猷禅の印可を受けた。荻野独園(おぎのどくおん)の信任を得て建仁(けんにん)寺禅堂再建の任につき、1892年(明治25)建仁寺派管長となり、高台寺本堂、建仁寺の山門ほか諸堂を建立し、寺勢の振興に努めた。昭和5年11月15日示寂。『黙雷禅話』『暗号密令』『暗号密令拾遺』などの著がある。[金田諦応]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竹田黙雷の関連キーワード黄檗玉田竹田益州竹田穎川菅原時保頴川恵恂臨済宗

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android