コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第五列 だいごれつfifth column

翻訳|fifth column

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第五列
だいごれつ
fifth column

狭い意味では,侵入軍に呼応する被侵攻国内の組織的活動集団をいうが,広くはスパイや対敵協力者をさす。 1936~39年のスペイン内戦において,フランコ軍の E.モラ将軍が「マドリードは内応者からなる第五列によって占領されるであろう」と述べ,4列縦隊である自分の部隊以外に協力者がいることを示唆したのが語源であるといわれる。第2次世界大戦中よく使われた言葉。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいご‐れつ【第五列】

敵対勢力の内部に紛れ込んで諜報(ちょうほう)などの活動を行う部隊や人。スペイン内戦の際、4個部隊を率いてマドリードを攻めたフランコ派のモラ将軍が、市内にも攻囲軍に呼応する5番目の部隊がいると言ったことによる。第五部隊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

第五列【だいごれつ】

第五部隊とも。呼応者。広義にスパイ活動を行う者。スペイン内乱の際,四つの部隊を率いてマドリード占領に向かったフランコ軍のモラ将軍が〈マドリードには内通者からなる第五部隊がいる〉といったことから生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だいごれつ【第五列】

〔スペイン内乱中、四個部隊を率いてマドリードに進攻するフランコに呼応した共和政府内のグループを、フランコ側が第五列と称したことに始まる〕
内部にあって、外部の敵勢力に呼応して、その方針のもとに活動しているグループ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

第五列
だいごれつ
quinta columnaスペイン語
fifth column英語

戦時中に、敵の内部に潜んで破壊工作や諜報(ちょうほう)活動など後方攪乱(かくらん)に従事する人々。1936年スペイン内戦時、共和国政府側が防衛するマドリードを四つの部隊からなる反乱軍が包囲、攻撃したが、攻撃側のモラ将軍は、市内にも反乱軍に呼応する勢力が潜んでいると宣伝し、これを「第五列」と称した。共和国側でも、「第五列」摘発のキャンペーンが共産党などによって行われた。[山崎 馨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

第五列の関連キーワードヘミングウェイ強制収容所間接侵略グループ山崎華僑

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第五列の関連情報