コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋節(読み)きんせつ(英語表記)myotome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筋節
きんせつ
myotome

動物の発生過程で体筋の背方内側より生じる骨格筋原基。やがて体の前後軸方向に伸び,横紋筋に分化する。下等脊椎動物では筋節が体節大部分を占めるが,高等化するにつれて,その割合は減少する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐せつ【筋節】

脊椎(せきつい)動物の神経胚(しんけいはい)の後期に中胚葉から生じ、将来筋肉となる部分。やがて横紋筋に分化する。
筋原線維の構造および筋収縮単位アクチンが重合した細い線維(アクチンフィラメント)と、ミオシンが重合した太い線維(ミオシンフィラメント)によって構成されている。サルコメア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせつ【筋節】

脊椎動物の神経胚の後期に、中胚葉から分化し形成される骨格筋の原基。
横紋筋の筋原繊維を構成する繰り返しの単位。筋収縮の単位となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の筋節の言及

【骨格筋】より

…横紋は暗調のA帯と明調のI帯からなり,I帯の中心をZ帯とよばれる線が走る。Z帯とZ帯の間を筋繊維の中の一つの単位と考え筋節(サルコメアsarcomere)とよぶ。A帯の中央にやや明るいH帯があり,その真ん中に細い暗線のM線が存在する。…

【体節】より

…これを体節somiteまたは原体節(古くは誤って原脊椎)と呼んでいる。そしてさらにその一部,房の外側の壁が間葉化して細胞に分散してしまうと,残った部分は骨格筋のもとである筋節となる。それに対して下房の壁は終始一貫無節のままにとどまり,この部分を側板といい,主として体腔の形成にあずかる。…

※「筋節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android