コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


おさ

織機の部品の一つ。経 (たて) 糸の位置を整え,打込んだ緯 (よこ) 糸を押して,さらに密に定位置に打働きをするもの。竹片または鋼片を平行に並べ枠にセットしたもので,普通,竹片を用いた竹筬は手織機用,鋼片を用いた金筬は手織機力織機の双方に使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おさ〔をさ〕【×筬】

織機の付属具。竹または金属薄片(くし)の歯のように並べ、枠をつけたもの。縦糸を整え、横糸を打ち込むのに使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

筬【おさ】

機織の付属具の一つ。枠(わく)に鋼(力織機用,金筬)・竹(手織機用,竹筬)の薄板(筬羽(おさは)という)を多数並べた櫛形のもので,長方形の框(わく)に納まっている。
→関連項目織機

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おさ【筬】

織機の付属用具の一。竹の薄片を櫛の歯のように並べ、枠をつけたもの。織物の幅とたて糸を整え、杼で打ち込まれたよこ糸を押さえて織り目の密度を決める道具。金属製のものもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【織物】より

…この形式は高機(たかはた)と呼ばれ,今日でも手機に多く用いられている。 機織には,このほか経糸の間に緯糸をたやすく通す方法や,緯糸を平行に固く経糸の間に打ち込む方法として,杼(ひ)や筬(おさ)と呼ばれる道具が用いられている。これも最初はきわめて簡単なもので,たとえば杼でも1本の棒に緯糸を巻いて用いていた。…

【織機】より

…そこから引き出された経糸は綾棒(あやぼう)または綾竹(あやたけ)と呼ばれる細長い棒Dで1本おきに上下に振り分けられ,次の綾棒D′でその上下を逆にして経糸の順序が横方向に乱れるのを防いでいる。綾棒を通過した経糸は1本ずつ針金で作られた綜絖(そうこう)(ヘルド)Eの中央にある小さい穴(目)に通され,ついで櫛状に並べられた棒(筬羽(おさは))を枠で固定した筬Fの各間隙を2本から数本いっしょに通された後,いくつかのガイドを経てクロスビーム(布巻(ぬのまき))Kに巻かれている。このように経糸を綜絖などに通し,織機にかけることを引込みおよび機掛け(はたがけ)という。…

※「筬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筬の関連キーワードケイ(John Kay)ヤスデ(馬陸)オサバグサ石製模造品阿波しじらかかはゆしミラニーズ筬掻・筬搔片羽二重メリヤスオサガニオサラン藤原惺窩足踏織機バッタン大阪欄間筬羊歯羽二重居座機所沢絣

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筬の関連情報